スタッドレスタイヤを購入【車両にぴったりな商品が見つかる】

点検

交換工賃は事前に確認

インターネットの普及により、より安く商品を購入することが可能となりました。自動車等のタイヤ交換に関しても同様で、持ち込みでショップに依頼する人も多いです。持ち込みの場合では工賃のみがショップの売り上げとなるために、交換工賃料金が異なるために事前調査が必要です。

詳しく見る

車輪

サイズによる相場価格

スタッドレスタイヤの相場はメーカーや性能によって大きく異なりますが、軽自動車用では1本あたり1万円未満、大型車向けになると3万円程度となります。最新モデルをなるべく安く買うには秋には、前年のモデルでも格安で購入したいのであれば夏のうちに購入しておくとよいでしょう。

詳しく見る

タイヤ

ネットでタイヤを買う注意

タイヤをネットで買い、タイヤ店に持ち込みでタイヤ交換してもらう時には古いタイヤの処分料がかかることを覚えておいてください。またサイズを間違えると交換することができないので、なるべくもともと履いていたタイヤと同じサイズを選んだ方がよいでしょう。

詳しく見る

タイヤ交換

雪道の運転には必需品

スタッドレスタイヤを履いていれば雪道でも安心という訳ではありません。色々な状況が重なれば滑る事もあります。滑り始めたら止まるまで進んでしまいます。雪道では、十分な注意と慎重さが大事です。スタッドレスタイヤの性能を理解し安全運転を心がけましょう。

詳しく見る

車輪

信頼できるタイヤ店

ネットで格安で売っているタイヤは知名度のない海外メーカーのものが多く、性能的に心配なものもありますので、口コミをチェックしてから購入して下さい。持ち込みタイヤでも喜んでタイヤ交換をしてくれるタイヤ店を見つけておけば、今後車の足回り関係で聞きたいことを気軽に聞くことができます。

詳しく見る

滑らない理由

タイヤ

柔らかいゴムとトレッド

冬の道路には雪に備えてスタッドレスタイヤを装着しようと勧められていますが、スタッドレスタイヤが一般化される前はスパイクタイヤをはいて冬の道を走行していました。スパイクタイヤはタイヤに鋲を埋め込んであるので、鋲が氷や雪面をしっかりとグリップするので、雪道や凍った路面では高い性能を誇ります。しかし、乾いた路面ではアスファルトを削って粉塵を巻きあげてしまう問題があり、現在ではスパイクタイヤでの公道走行は許されていません。スタッドレスタイヤはノーマルタイヤと同じようにゴムでできていますが、なぜスタッドレスタイヤは雪道でも滑らずに走行できるのか不思議がる人はたくさんいます。スタッドレスタイヤに使われているゴムは、ノーマルタイヤよりも低温で硬くなりにくい性質を持っています。ゴムが硬くなってしまうと路面への設置面積が少なくなってしまうため、グリップ力が下がってしまいます。また、スタッドレスタイヤはタイヤのトレッドに大きく深いブロックが設けられていて、タイヤメーカーではゴムの性能とより効率的なトレッドパターンの開発競争が激化しています。ブロック化するとなぜ雪道や凍った道で滑りにくくなる理由は、ブロックが雪を踏み固めることによって抵抗が増えることによって雪道でも走れるようになり、ブロックに数多く刻まれた切れ込みと柔らかいゴムによって氷との接触面積を増やしながら、サイプに氷が引っ掛かりやすくすることによって滑りにくくしています。