スタッドレスタイヤを購入【車両にぴったりな商品が見つかる】

雪道の運転には必需品

タイヤ交換

冬場のタイヤ選び

冬場に自動車を運転する場合、急に雪が降ったり、積もっている場所があります。昔は、チェーンやスパイクタイヤが主流でしたが金属製の鋲をついているスパイクタイヤは、アスファルトなどを削ってしまい粉塵公害が問題となりました。この公害は、雪の多い地域の財政や健康被害などいろいろな問題をおこしました。この為に、原則的にスパイクタイヤの使用禁止の法律ができました。これにより鋲のついていないスタッドレスタイヤが使われるようになりました。また、現在でもチェーンは使われていますが、取り外しの手間や走行中に切れてしまうことがあります。現在では、多くの車が、冬場にはスタッドレスタイヤを装着しているようです。雪が積もったり凍結した路面が滑るのは、凍結した表面に水膜ができ滑るようになります。スタッドレスタイヤが滑りにくくなるのは、路面の表面にできた水膜を取り除く機能があるからになります。チェーンなどは、駆動輪に装着するのが一般的ですがスタッドレスタイヤは、4本に装着することが重要になります。また、スタッドレスタイヤにも寿命があります。特に、摩耗状態は必ず調べましょう。タイヤの表面が摩耗すると溝が少なくなり、冬道でのグリップ力が低下します。走行距離が少なくてもゴムの経年劣化によりゴムが弱くなっていたりバーストの危険も出てきます。スタッドレスタイヤを付ける前には、十分なチェックが必要でしょう。雪の少ない地域でも冬場では、スタッドレスタイヤの着用は必要と思います。